2017年7月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ノムコ/NOMCO
NOMCO CURRY MAP

1976年 群馬県渋川市生まれ。慶應義塾大学(SFC)卒業。外資系企業でマーケティング・マネジャーとしてまじめに勤務するかたわらカリーを食べ歩く日日。カリーなら欧風もインドもおウチでつくるのも! 好きなもの──ナポレオン・ボナパルト、平野啓一郎、ブルボン小林、JEAN PAUL HEVINのチーズチョコレート、思想誌『思想地図β』(コンテクスチュアズ)、映画『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督)、日本橋『うさぎや』のどらやき、くうかん実験棟、名和晃平、オラファー・エリアソン、グレン・グールド、CHANEL、Martin Margiela、Muhl Bauear、Giuseppe Zanotti、Roger Vivier、Dyptique L'OMBRE DANS L'EAU、松ボックリ、狼、赤坂『楽亭』の天ぷら、金沢『小松弥助』の寿司、トランポリン──いつもポケットにスパイスを。




第74回 表参道 ハブモアカリー|もっとカリーが好きになるカリー

ジャパニーズカリーアワードで大阪のダルバート食堂と並んで新人賞を受賞した、ハブモアカリー。 Have More Curry です。そう、もっとカリーを食べよう!となんともダイレクトなメッセージのカリー屋さんであります。

 

以前は池袋 要町のカフェで水曜日だけ間借り開店していたのですが、昨年10月末に表参道にオープン!と相成りました。

 

店名の力強いメッセージと裏腹に、店内はオサレなカフェ風情です。お腹を空かせたメンズより、ちょっと少食なかわいらしい女の子のほうが似合うかんじの。

コの字カウンターとテーブル席

メニューは日替わりのカリープレート一本です。

カリー2種(日替わり)に付け合せ2種(5種からふたつ選べます)、ごはん、アチャールといった構成

この日(といっても実は行ったのは3か月も前のことなのですが…)はこんなかんじでした。

カリープレート ¥1280 なんだかおばんざいみたいな上品さ

(左下から時計回りに)

★黒長ラディッシュと白インゲン豆のドライカリー

★ヤーコンと島にんじんのトーレン

★島にんじんとノーザンルビーのインド風ポタージュ

☆ルッコラトチキンキーマカレー

☆赤皮紅芯大根とトレビスのダル

☆ふじ化粧カブとハーブのアチャール風

 

★は付け合せからの選択で、この日はこの5つの中から。

ふたつ以上食べたいときはオプション(¥150)で!

みっつは上の繰り返しになりますが……

(左下から時計回りに)

黒長ラディッシュと白インゲン豆のドライカリー

ヤーコンと島にんじんのトーレン

島にんじんとノーザンルビーのインド風ポタージュ

赤丸カブのボリヤル

パクチョイと紅芯大根の東南アジア風スパイス炒め

 

 

 

このオカズを一口ずつ愉しんだら、ごはんにのっけます

そして、マゼマゼ。

南アジアをベースにしたプレートということですが、印象でいうとスリランカカリーが近いかも。大阪のロッダグループとか。

でも大きく違うのは、辛みは弱いこと。けど、スパイスとハーブはもりだくさん。旬の野菜の苦味や甘みをスパイスが引き立てています。野菜の旨みを引き出す、という点では日本的。

 

なんかこう、「カリーが食べたい!」と強い気持ちを持ってむかうタイプの店ではないのだけど、食べるほどにいろいろなカリーをもっと食べたいという気持ちにさせてくれる店。このところダバインディア系南インド一色だった東京のカリーに一石を投じてくれる存在、かもしれない。

 

ハブモアカリー

港区北青山3-12-7 カプリース青山 B1F

03-3407-7001

11:30-15:00(日曜は16:00まで), 18:00-21:30(日曜除く)

木曜定休

 


カテゴリー: インドカリー |