2015年12月
« 11月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ノムコ/NOMCO
NOMCO CURRY MAP

1976年 群馬県渋川市生まれ。慶應義塾大学(SFC)卒業。外資系企業でマーケティング・マネジャーとしてまじめに勤務するかたわらカリーを食べ歩く日日。カリーなら欧風もインドもおウチでつくるのも! 好きなもの──ナポレオン・ボナパルト、平野啓一郎、ブルボン小林、JEAN PAUL HEVINのチーズチョコレート、思想誌『思想地図β』(コンテクスチュアズ)、映画『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督)、日本橋『うさぎや』のどらやき、くうかん実験棟、名和晃平、オラファー・エリアソン、グレン・グールド、CHANEL、Martin Margiela、Muhl Bauear、Giuseppe Zanotti、Roger Vivier、Dyptique L'OMBRE DANS L'EAU、松ボックリ、狼、赤坂『楽亭』の天ぷら、金沢『小松弥助』の寿司、トランポリン──いつもポケットにスパイスを。




第68回 大阪・南船場 ゴヤクラ|大阪オリジナル!

先日のジャパニーズカリーアワードの審査会の折、大阪スパイスカリーの話題でかなり盛り上がったので、大阪出張の合間に大阪カリーめぐりをしてきました。日曜日だったのでお休みのところも多かったので、行けなかったところもあるのですが…

 

まずは、和レー 南船場ゴヤクラへ。

大阪のカリーって東京にはないタイプだなーとおもうことが多いのですが、こもゴヤクラも例に漏れず。まずこの「和レー」ってネーミング、和風と我風を掛け合わせたものらしいのですが、たしかにここのカリーは日本的に解釈されててそしてそのなかでもかなりオリジナル感あり。

メニューはこちら

お店はカウンターの10席とテーブルの8席とをひとりで切り盛りされているようで、満席になるとオーダーするタイミングも分かりません。と思ってたら、手が空いたときにまとめてオーダーを取ってくれるようで、ぶじオーダー。マーラーや銀マーラーパイタンなどもそそられましたが、まずは人気メニューのビーフ&激辛チキンキーマに鬼玉トッピング(詳細後述)をお願いしました。

この合いがけってスタイルも関西独特な気がします。以前にお伺いしたボタニカリーもそうだったなぁ。ちなみにいま、ボタ二カリーは大人気で整理券もらわないと入れない模様……
オーダーからほどなくしてカリーがやって参りました。


かなり茶色いです。テーブルにあるピクルスを乗っけてどうにか色合いが出ました。

手前がビーフで、奥がチキンキーマ、手前のころっと丸いのが鬼玉です。
まずはビーフをパクっ。しっかりと牛脂を煮込んだような旨味と甘味。ほんのりスパイスが香ってあとから辛味が少し来る、日本的なカリーです。フツーにおいしいです。

鬼玉の断面

そして、この甘味を際立たせるのが、オプションの鬼玉「鬼のように辛い肉だんご」とのことで大きなのを想像というか期待していたのですが、実際は控えめサイズです。こんだけ?と思いつつパクっと半分口にしてみると、カッラーー!!と驚きの辛さでした。細挽きの牛肉だんごに、つなぎがチリパウダーか?というくらいの辛さ。甘さを求めてビーフカリーソースをいただいてしまう。

 

 

 

 

続いてチキンキーマをパクっ。キーマは大きめの手挽き。クローブとマスタードシード、チリががっつり効いた辛いカリー。インドっぽい激辛キーマです。
日本的ビーフカリーとインド的キーマが一皿の混在して、しかもそれが違和感ないというのがすごい。

 

 

ちなみに、明日24、25日はスペシャルメニューありです。

全体にすごく辛口ですが、あと引く辛さではなくかなり爽快感ある辛さです。
でも辛いのが苦手な人は食べられないだろうなぁ。
このあとの2杯目のために、胃腸の準備体操になりました。(つづく)

 

和レー屋 南船場ゴヤクラ

大阪府大阪市中央区南船場1-7-8 ダイアパレス順慶町 103

電話番号非公開

11:00くらい〜15:00くらい(土日祝は12:00くらい〜)

水曜定休


カテゴリー: 日本のカリー |