2015年6月
« 5月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ノムコ/NOMCO
NOMCO CURRY MAP

1976年 群馬県渋川市生まれ。慶應義塾大学(SFC)卒業。外資系企業でマーケティング・マネジャーとしてまじめに勤務するかたわらカリーを食べ歩く日日。カリーなら欧風もインドもおウチでつくるのも! 好きなもの──ナポレオン・ボナパルト、平野啓一郎、ブルボン小林、JEAN PAUL HEVINのチーズチョコレート、思想誌『思想地図β』(コンテクスチュアズ)、映画『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督)、日本橋『うさぎや』のどらやき、くうかん実験棟、名和晃平、オラファー・エリアソン、グレン・グールド、CHANEL、Martin Margiela、Muhl Bauear、Giuseppe Zanotti、Roger Vivier、Dyptique L'OMBRE DANS L'EAU、松ボックリ、狼、赤坂『楽亭』の天ぷら、金沢『小松弥助』の寿司、トランポリン──いつもポケットにスパイスを。



月別アーカイブ: 6月 2015

第63回 五反田 あげ福|ミート矢澤のトンカツ屋でカツカリー

カリーと並ぶノムコの好物のひとつに、トンカツがあります。じゃあカツカリーももれなく好きかと言われるとそういうわけでもないんですね。なんでかっていうと、カツがおいしいけどカリーがもったりしすぎるとか、カリーはおいしいけどカツとのマッチングが悪いとか。

 

と、前置きが長くなりましたが、ミート矢澤のトンカツ屋もあるんだよといわれて五反田へ向かいました。このときはトンカツを食べる気満々だったのですが、メニューにカツカリーがあったので、反射的に頼んでみました。

 

 

 

カツを食べる前に「飲む野菜ジュース」とやらをいただきます。

かぼちゃ、セロリ、パイナップルなどをつかった100%ジュース。はやりのコールドプレスではありません、たぶん。でもおいしかったです。ちなみに、これは脂質や油分の吸収を抑えてくれる効果があるらしいです。気休めみたいなものですが。

 

 

 

 

 

 

 

と、そうこうしているうちにカツカリーがやってきました。

カツカレー定食 ¥1500 , キャベツ&豚汁付

トンカツ定食についてるキャベツが欲しいな〜とおもっていたらデフォルトでカツカリーにもセット。地味に嬉しい。

見た目は、わりと学食的です。

 

まずはカリーソースのかかっていない部分にとんかつソースをかけてパクリっ。トンカツは粗めのパン粉がたくさんついててサクサクという音を楽しめるくらい。でもそのぶん油も多いです。トンカツ単体だったら好きじゃないかもしれない…

で、カリーソースはどうかなぁとおもってすくってみましたら、見た目に反してフルーティでスッキリ系。「カレーはバーモントですか?ジャワですか?」と聞いてみたところ「スパイスの調合はしていないのですが、市販のルーは使っておりません」という優等生なお答えをいただきました。

そうそう、決して市販のルーの味がしないんですよ。野菜とフルーツをしっかり煮込んだ味。野菜とフルーツはすっかり溶けてて、カリーソースに姿が残っているのはお肉だけ。けどこの圧力鍋で煮込んだ食感はあんまり好きじゃないんだなぁ。。でもおいしいです、このスッキリとしたカリー。でも、カリーライスとしてごはんにこれだけかかってたら物足りないかもしれない。スパイシーでもなくコッテリでもなく、スッキリしすぎちゃって。

 

トンカツ屋のわりに、なんだかオシャレです

とここまで書くと、おいしいの?そのカツカリー?と思われるとおもうのですが、そんなトンカツとカリーソースが出会うと、これはいいバランスです。いままで食べたカツカリーのなかで一番好きかも、というくらい。

トンカツの油っぽさをさわやかなカリーソースがカバーし、スッキリすぎるカリーソースをトンカツのコクがサポート。

カリー好きもトンカツ好きも満足させるカツカリーではないでしょうか。

 

 

 

 

ちなみにこの店の定食メニューの最安値です、カツカリー。

おとなりのミート矢澤の混雑を尻目にサクっと入れます。

 

 

とんかつ あげ福

品川区西五反田2-15-13

03-5719-4129

11:30-15:00(LO 14:00), 17:00-23:00(LO 22:00)

年中無休


カテゴリー: 日本のカリー |