2014年10月
« 7月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ノムコ/NOMCO
NOMCO CURRY MAP

1976年 群馬県渋川市生まれ。慶應義塾大学(SFC)卒業。外資系企業でマーケティング・マネジャーとしてまじめに勤務するかたわらカリーを食べ歩く日日。カリーなら欧風もインドもおウチでつくるのも! 好きなもの──ナポレオン・ボナパルト、平野啓一郎、ブルボン小林、JEAN PAUL HEVINのチーズチョコレート、思想誌『思想地図β』(コンテクスチュアズ)、映画『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督)、日本橋『うさぎや』のどらやき、くうかん実験棟、名和晃平、オラファー・エリアソン、グレン・グールド、CHANEL、Martin Margiela、Muhl Bauear、Giuseppe Zanotti、Roger Vivier、Dyptique L'OMBRE DANS L'EAU、松ボックリ、狼、赤坂『楽亭』の天ぷら、金沢『小松弥助』の寿司、トランポリン──いつもポケットにスパイスを。



月別アーカイブ: 10月 2014

第56回 曙橋 カフェドモモ|なつかしい若き日の味

本業が忙しくなると、ときどきカリーも食べてはいるんだけど、書いている余裕がない今日このごろ。ってことで、8月くらいに食べたカリーのことを思い出して書こう。

 

原宿にかつてあった伝説のカリー「GHEE」。そのころ田舎モンだったノムコには東京にいったら食べるおしゃれなカリーでした。10年近く前に閉店してしまったのだけど、5年くらい前に曙橋に「カフェ・ド・モモ」として復活をしておりました。しっかし、なかなか行かないのよねぇ、曙橋。。。

 

メニューはこちら。

ギーを代表してた辛いビーフカリーも健在。

小食女子から大食漢までカバーする3サイズでの展開。コンビカリーももちろんあります。

 

 

 

 

 

 

てことで、コンビでふたつ、サイズ違いを頼んでみました。

上がSで下がMなのですが、かなりサイズが違います。Mがけっこう大きい。果たしてLとなるとどんだけ大きいのだろうか!

左上から時計回りに、辛口キーマ、野菜カリー、ビーフカリー、ミルクカリー

 

ギーに行っていた頃はインドカリーはあまり食べていなかったので、新鮮な味だなぁと思っていたのだけど、いま食べてみると昔なつかしの味だなぁという感想でした。

湯島デリーや銀座のナイルは日本解釈的なインドカリーだけど、ギーというのは原宿解釈的なインドカリーだったのだなぁとしみじみと思いながら食べた次第。

 

ところで、このアンチョビポテトおいしかったな。このためにここ来てもいいかも……

アンチョビポテト ¥800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでずいぶん手抜きな更新だったけど、若きあの頃を思い出しにぜひどうぞ。若いヤングはあの伝説のカリーを体験しにどうぞ。

 

カフェドモモ

新宿区市谷加賀町2-2-9

03-3269-8863

11:30-15:30, 17:30-21:30(祝はランチのみ)

日曜定休


カテゴリー: インドカリー |