2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ノムコ/NOMCO
NOMCO CURRY MAP

1976年 群馬県渋川市生まれ。慶應義塾大学(SFC)卒業。外資系企業でマーケティング・マネジャーとしてまじめに勤務するかたわらカリーを食べ歩く日日。カリーなら欧風もインドもおウチでつくるのも! 好きなもの──ナポレオン・ボナパルト、平野啓一郎、ブルボン小林、JEAN PAUL HEVINのチーズチョコレート、思想誌『思想地図β』(コンテクスチュアズ)、映画『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督)、日本橋『うさぎや』のどらやき、くうかん実験棟、名和晃平、オラファー・エリアソン、グレン・グールド、CHANEL、Martin Margiela、Muhl Bauear、Giuseppe Zanotti、Roger Vivier、Dyptique L'OMBRE DANS L'EAU、松ボックリ、狼、赤坂『楽亭』の天ぷら、金沢『小松弥助』の寿司、トランポリン──いつもポケットにスパイスを。



月別アーカイブ: 6月 2013

第40回 目黒 ガルス|あの焼鳥店のカリー

予約の取れない焼鳥屋“鳥しき”の2号店ができたと聞いて、行ってきました。

Gallus=野鶏だよ!


目黒駅から目黒通りを大崎方面にむかって3分、焼鳥とは分からないような店構え。
なんでカリーマップが焼鳥屋へ?と思うかもしれないけど、ここの〆がカリーだからだよ!

 

 

 

 

 

お料理はコース一本(¥4500)。焼鳥といっても和洋折衷な内容です。
−前菜盛り合わせ
−串焼き 3本
−季節のお野菜スープ
−温かい鶏料理
−串焼き 3本
−モツカレー
or チキンカツサンド
−季節のフルーツを使ったデザート
と、こんな構成。

ノムコカリーマップなので、前半の諸々は足早に参ります。

カリー以外の諸々

鳥の前菜、オクラ焼き、トウモロコシのスープ、焼鳥


前菜は5種盛り合わせ:むね肉とセロリのマリネ、軟骨とパプリカのバルサミコ、ハツのマリネ、その他(忘れた)
串はハツと首元、オクラと始まって、トウモロコシのスープ(かなりツブツブ、甘くておいしい)、レバー焼き、ぼんじり、つくね。

前菜はイタリアンぽいかんじなんだけど、さすが鳥しき!と言いたくなるくらいフレッシュで質の高い鶏の数々。なんだか新種の鳥を発見してしまったような驚きがあります。

串もいい加減に火が入ってて、さすが鳥しき。ちなみに鳥しきは2か月先の予約を入れるか、キャンセルが出たのを狙うかくらいしかないので、いまのうちにこの新店を訪れれば待たずして鳥しき式の焼鳥が食べられるよ。

ま、鶏については鶏博士にお任せするとして、ノムコはカリー系の2種を徹底分析!(というほど細かい考察はないのだが──)


温かい鶏料理

手羽元のスパイシー煮込み


温かい鶏料理の内容は固定メニューではないのだけれど、ノムコが伺った時はちょうど手羽元のスパイス煮込み。ゆっくりと煮込まれた鶏はお箸でも簡単に身をくずせるやわらかさ。カリーソースには手羽元からいいダシがでてて、玉ねぎの甘みが加わって全体をまぁるく仕上げてます。これはおいしかったなぁ…


そして〆のカリー

モツカリー

ひとくちカリーかとおもったら、わりとちゃんとあります。
具はモツカリーというだけあって、いろいろなものがゴロゴロ。ハツやらレバーやら内臓もりだくさん…。鶏だしがたっぷりととけだした甘みとうまみ。
カリーソースのほうは唐辛子が強めでその他のスパイの香りは若干弱め、いわゆる日本のカレー的なソース。カリーと思うと唐辛子だけが強いからちょっとバランスが悪いかな?けど、鶏もつのカリーソース煮込みっていわれたら、とってもおいしい。
とってもおいしい鶏料理を食べて〆にこんなカリー出されちゃったら、んもう!って唸るしかないよね。

 

混まないうちに、早めにどうぞ!

ワインのメニューも豊富です。

 


ガルス


目黒区上大崎
3-3-4
03-5422-9834
18:00-24:00
日・祝定休


カテゴリー: 日本のカリー |