2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ノムコ/NOMCO
NOMCO CURRY MAP

1976年 群馬県渋川市生まれ。慶應義塾大学(SFC)卒業。外資系企業でマーケティング・マネジャーとしてまじめに勤務するかたわらカリーを食べ歩く日日。カリーなら欧風もインドもおウチでつくるのも! 好きなもの──ナポレオン・ボナパルト、平野啓一郎、ブルボン小林、JEAN PAUL HEVINのチーズチョコレート、思想誌『思想地図β』(コンテクスチュアズ)、映画『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督)、日本橋『うさぎや』のどらやき、くうかん実験棟、名和晃平、オラファー・エリアソン、グレン・グールド、CHANEL、Martin Margiela、Muhl Bauear、Giuseppe Zanotti、Roger Vivier、Dyptique L'OMBRE DANS L'EAU、松ボックリ、狼、赤坂『楽亭』の天ぷら、金沢『小松弥助』の寿司、トランポリン──いつもポケットにスパイスを。



月別アーカイブ: 2月 2013

第33回 三軒茶屋 シバカリー ワラ 食べれば食べるほどおなかの空くおいしさ

三軒茶屋はあんまりいかないエリアなんだけど、こないだ歩いていたらなんだかおいしそうなカリー屋が……。

おいしいカリー屋の目印ってなんだろうなぁ、ちょっと控えめというか、メニューの文字というか、なかなかコレと特定しづらいんだけど、真摯さが訴えかけてくる何かがあるんだよね。

そんな気がしたのが今回ご紹介の“シバカリー ワラ”。

 

からあげもノムコの好物ですが……

茶沢通りをしばらく歩いていくと行列のできる唐揚げ屋さん。このビルには”ZAZA CURRY”というカレー屋も入っているのだけど、ここに惑わされてはいけない。こんかいノムコが向かうのは唐揚げ屋さんをまがった2Fです。

 

 

 

 

幻の屋台カリーがついに実店舗化!

インド感たっぷりながらも控えめな店内

とっても小さな店内は、カウンター4席+2名席×3卓。お店は北インドのリシケシュ出身のシェフと日本人の山登さんのふたりがきりもり。南インドメニューが多いのでてっきり南出身かとおもいきや、北インドの出身のシェフです。

砂の岬にも通ずる、インドへの真摯な姿勢が感じられる店内。

 

行ってから知ったことだけど、ここはオープンからまだ1か月。もとは移動式カリー屋さんだったそう。渋谷/麹町あたりで出店していたらしいけど、ノムコは(住所だけ)丸の内OLなので残念ながら知りませんでした。

 

 

 

夜のメニューはタリー(定食)だけ

カレーは日替わりで6種類ある中から1種類または2種類を選択。その他はダル(豆)カリー、キャベツのアチャール(インド漬け物)、ライタ(ヨーグルト)がついてきます。

うっわ、6種類食べたいなーと思ったんだけど、お店のお兄さんの大きな反対もあって(それでもムリを言って)3種類のカリーにしてもらった。

カリーはひとつひとつ作っているので、おなかいっぱいになってしまうこともさることながら、フライパンとかコンロのキャパ的にもどうやらきつそうだ。

カリーがつくられるのを待っていると、狭い店内にスパイスの匂いが立ちこめてくる。この匂いがこれから運ばれてくるカリーのおいしさをかなり期待させる。狭さゆえにダイレクトにガツンとくるスパイスというよりも、高次でのまとまり感が醸す期待感なのだ。

 

今回はポークガンダルー、フィッシュマラバール、ラムチリマサラ

左からラムチリマサラ、ポークガンダルー、フィッシュマラバール、ライタ。皿に乗り切らなかったのがダール。

 

 

日本のさかなとインドカリーの融合

フィッシュマラバール、ライタ

フィッシュマラバールは今日はブリ!

タマリンド(酸味)とココナツ(甘み)たっぷりの南インド的なお味。ちなみに魚は季節によっていろいろ変わって、いまはブリやサバ、あったかくなってくるとマグロなんかも。おどろきなことにはサーモンなんていうのもあり。インド洋じゃさすがにマグロは穫れないけどね。それでも現地ではときどきサーモンティッカはメニューにあるんだそうです。

 

 

 

ていねいな仕込みがものをいうミート系

ダール、ラム、ポーク

 

ポークガンダルーはゴア地方のカリーでビネガーがかなり効いた酸味あるサッパリ系。スパイシー!

 

ラムチリマサラはラムのやわらかさにびっくり。ポークガンダルーもそうだけど、お店のていねいさが出るのがお肉の仕込み。しっかりとマリネされたお肉は旨味がしっかりとでていてスパイスを丸みのある味に仕上げている。

 

そうそう、それから忘れてはならないのはキャベツのアチャール。オリーブオイルとクミンが薫る、これまた控えめながらも存在感のある味。

 

最後にチャイを飲みながら思うこと

けっこう甘めのチャイ

「3種は食べすぎだし後悔するとおもう」とオーダー時に言われたんだけど、ところがところが!食べれば食べるほどに食欲がわいてくる。5種類を押し切れなかった自分をむしろ後悔するほどだった。

 

なんかね、ここはすごいです。

すんごい控えめなのに、ボディブローのようにきいてくる。

ノムコカリーマップは3段階評価ですが、こんかいはオマケもつけときます!

 

 

 

 

宮城県 にしき食品製

オマケといえば、帰りにはお土産までもらっちゃいました。これはお店のじゃないんだけどね、サンプルで業者さんからもらったみたいです。インド現地品かとおもうようなパッケージ。こちらはまた追ってレポートしてみたいとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

シバカリー ワラ

080-9432-8200

世田谷区太子堂4-28-6 2F

11:45~14:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)

月曜定休

 


カテゴリー: インドカリー, 北インド, 南インド |