2016年5月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ノムコ/NOMCO
NOMCO CURRY MAP

1976年 群馬県渋川市生まれ。慶應義塾大学(SFC)卒業。外資系企業でマーケティング・マネジャーとしてまじめに勤務するかたわらカリーを食べ歩く日日。カリーなら欧風もインドもおウチでつくるのも! 好きなもの──ナポレオン・ボナパルト、平野啓一郎、ブルボン小林、JEAN PAUL HEVINのチーズチョコレート、思想誌『思想地図β』(コンテクスチュアズ)、映画『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督)、日本橋『うさぎや』のどらやき、くうかん実験棟、名和晃平、オラファー・エリアソン、グレン・グールド、CHANEL、Martin Margiela、Muhl Bauear、Giuseppe Zanotti、Roger Vivier、Dyptique L'OMBRE DANS L'EAU、松ボックリ、狼、赤坂『楽亭』の天ぷら、金沢『小松弥助』の寿司、トランポリン──いつもポケットにスパイスを。


← Google Map版はコチラ



第75回 外苑前 アミニマ|ムッシュ出身のぜんぜんムッシュじゃないカリー

昨年の夏、ムッシュヨースケが突然「カレーやめます」とワインバーに改装になって、涙したカリーファンが多くいたはず。ま、実際には〆のカリーがあるので全くなくなったわけではないんですけどね。

 

そんなとき、外苑前のアミニマに行けばムッシュ出身の人のカリーが食べられるよとの情報が。それ以来なんどか行ってるのですが、カリーを食べずに帰ってきたこともあるくらい、いろいろなものがおいしいビストロです。

 

というわけでまずは、カリーではないお料理をご紹介。

ズワイガニとアボカドの春巻はクリーミーで、そしてちょっとスパイスがぱらり。ラタトゥイユはまさかの椎茸入りでフツーのより味わい深い。それからムサカ(ギリシャ料理です、茄子とひき肉とチーズの重ね焼き)は子羊肉とスパイスが異国味でいい。

ビストロなのですが、すこし中東とか地中海沿岸地域のテイストもあって、パリの5区あたりのビストロていうかんじ。

 

で、その異国感に乗ったままカリーをオーダー。

カリーは2サイズ。こちらはレギュラー ¥1200, スモールは¥800.

見てのとおり、ムッシュヨースケのカリーとは全然ちがうカリーです。欧風カリーのベースですが、トマトの酸味とフルーティな仕上がり。カスリメティも効いててインド風。でもインドじゃこんなフルーティなカリーはないから、やっぱりアミニマオリジナル!

いろいろお料理をいただいたあとでもペロリっといけちゃう軽やかなカリーソースです。

 

アミニマ

渋谷区神宮前2-5-6

03-6804-2846

17:00-23:00, 土曜のみランチあり 12:00-15:00

日曜定休


カテゴリー: インドカリー, 日本のカリー, 欧風カリー |